マルチーズ子犬の飼い主さん決定-ユズの長男

R0021563b.jpgR0028559b.jpg

橋本さんご一家は長年マルチーズの子をつがいで飼われていました。
しかし、女の子の方が肝臓癌で先立ち、
その悲しみを男の子(クーちゃん)と共に耐えてこられたのだとか。
そして昨年の末、そのクーちゃんも14才の誕生日を迎えた直後にお亡くなりになったそうです。
悲しみのどん底の中で、「同じ様にペットロスになった人達はどうしたのだろう?」
と思い様々なサイトを巡られました。
色々な意見を目にし悩まれる中で、当犬舎の存在をお知りになりお問い合わせ下さいました。
我々も全く同じ様に初代の愛犬チビとハナを亡くしていましたので、
橋本様のお気持ちはとてもよく理解できました。
そこで、「一度犬舎にお越しになってはいかがですか?」とご提案させて頂きました。
丁度犬舎ではベビーラッシュの時期で、
可愛い子犬達と触れ合う事で少しでも橋本様の心の傷が癒えればと思ったのです。
すると案の定、ご夫婦には笑顔が戻り、前向きに次に子を迎える決心をされたのです。
それから一月、元気に育ったユズの長男をお届けでき、今は安堵の気持ちで一杯です。
橋本さんとダダ君の幸せを心よりお祈り申し上げております。

マルチーズ専門ブリーダー 中田さん家のマルチーズ(公式サイトはこちらから)

マルチーズ子犬写真館 ブリーダー公子の直通便(ブログトップページへ)

この記事へのコメント