ハボタン出産

R0012337b.jpgR0012341b.jpg
R0012331b.jpgR0012338b.jpg

11月26日ハボタンちゃんが予定日通り二匹の赤ちゃんを出産しました。
本当はすぐにでも報告したかったのですが、
実は大きな問題が起きてしまいました。

ハボタンが二匹を産み終えた後、お腹にしこりがあるのを発見しました。
ひょっとしたらまだもう一匹お腹に残っているんじゃないかと思い、
しばらく様子を見ていたんですがどうも出てくる気配がありません。
そこで急きょ獣医さんに電話して相談すると、
「残った赤ちゃんがお腹の中で死んでいるのではないか」との事。
急いでハボタンを連れて行き診察して貰うと、やはり獣医さんの予想通りでした。
獣医さんと話し合った末、帝王切開をする事になりました。
断腸の思いでしたが,ハボタンを救う道はそれしか残されていませんでした。
数時間後、手術は無事に成功しましたが、
数日経過を見る為に入院しなければいけないとの事。
後は獣医さんに託して私達はハボタンの回復を待ちました。
しかし数日後容態は悪化。
腹膜炎を起こして腸内洗浄をしているが、
食欲もなく食べてもすぐに吐いてしまうらしい。
そして今朝ハボタンの死が告げられました。
覚悟はしていましたが、まだ一歳を少し過ぎたばかりの早すぎる死に、残念な思いで一杯です。

今いる二匹の赤ちゃん(両方ともオス)は、
ハボタンちゃんの最初で最後の子になってしまいました。
そんな特別な思い入れがある分、
本当に愛情をもって育てて頂ける方にお譲りしたいと思っています。
本来ならこうした孤児はミルクを与えて人の手で育てるのでしょうが、
我が家では同じ時期に出産したランちゃんに預けようと思っています。
一匹しか産まなかったので、おっぱいが余っているはず。
面倒見の良いランちゃんなら安心して任せられます。

という訳でこの子達の続報はランちゃんの子達と一緒に掲載していきます。
こちらからどうぞ。

マルチーズ専門ブリーダー 中田さん家のマルチーズ

この記事へのコメント