チビとの想い出

scan001.jpgscan002.jpg

これは最初に飼い始めたチビ(♂)と北海道旅行に行った時の写真です。
僕が11歳(小学校5年生)の時の夏休みに母と三人で行きました。
チビは乗り物が大好きだったので、車でドライブに行く時は勿論
自転車の前かごに乗せて一緒に出かけた事もありました。
この時の旅行では、三週間程の間ずっと三人で寝食を共にしていました。
トイレ休憩になったらまずチビからさせてやり、
食事時にもちゃんとチビの食器を持っていったので
そこにフードと水を入れてやりました。
車に乗っている時は僕のヒザの上が指定席で、
そこからいつも窓の外を眺めるのが好きな犬でした。
もうほとんど人間扱いですね(笑)

人間と一緒に暮らしていると、犬も段々自分を人間だと思う様になります。
そして、その子が賢い子がどうかを見極めるポイントは、
相手の顔を見るかどうかで分かります。
話しかけている時、ちゃんと相手の顔を見ながら聞いている子は頭の良い子です。
名前を呼ぶとすぐに反応するのも、自分の名前を自覚している事の表れであり、
コミュニケーションの大事なきっかけとなります。
皆さんも、もし犬を飼い始めたら沢山話しかけてやって下さい。
最低限のしつけは必要ですが、
それ以外はできるだけ人間と同じ様に接する事で犬も成長し、
立派な家族の一員となってくれるはずです。

この記事へのコメント

  • 日沼 智子

    私も物心わかるころには、両親は仲が悪く常に犬がいたので、いつも犬が話し相手でした。なんだか本当に共感しました。今もマルチーズを3匹飼っています。私は、ずっと東京か千葉に住んでいて、36歳になった今も北海道にも、四国にも九州にも行ったことがあるません。
    ちびちゃんは、とっても羨ましいわ~勿論
    滋賀県にも行った事なくて、中田さん家に行ってみたくなってしまいました。
    2006年03月10日 05:01
  • 中田さん家のマルチーズ

    日沼さん、コメントありがとうございます。
    そうですね、犬は人間の言葉を話せないはずなのに、でも聞いた言葉はちゃんと理解してくれるんですよね。いつも犬が話し相手だなんて素敵じゃないですか。僕も、毎日話しかけてますよ。そのうち犬の鳴き声が、言葉に聞こえる様にさえなります。
    公式サイトの「中田さん家のマルチーズって何!?」には、この北海道旅行の事に加え、我が家の歴史が書いてあります。もし良かったら、そちらも見て下さいね。
    2006年03月12日 21:28